大恐慌期日本の通商問題 - 白木沢旭児

大恐慌期日本の通商問題 白木沢旭児

Add: epema89 - Date: 2020-12-10 23:32:38 - Views: 6786 - Clicks: 910

交通史研究 45: 73-93. この検索サイトは日本語のみ対応しています。 ©. 文献書誌 白木沢 旭児: "大恐慌期日本の通商問題" 御茶の水書房,URL: 公開日:更新日:. 本書は、1987年から1998年までの十二年間に発表してきた通商問題・統制経済に. 大恐慌期日本の通商問題 ¥4,380 (送料:¥370~) 著者 白木沢旭児.

大恐慌期日本の通商問題 ¥ 4,380 (送料:¥370~) 白木沢旭児 、御茶の水書房 、1999 、1冊. 『日中戦争と大陸経済建設』(白木沢旭児) のみんなのレビュー・感想ページです。作品紹介・あらすじ:盧溝橋事件に始まり、8年に及んだ日中戦争の目的はいかなるものだったのか。貿易立国路線から生産重視への転換過程に着目。さらに、華北の工業・農業政策の検討から中国占領地におけ. 白木沢旭児著, 『大恐慌期日本の通商問題』, 御茶の水書房, 1998年2月, 391頁, 7,300円 上山 和雄 社會經濟史學 65(4), 462-463,. /本宮 一男/1252~1260.

76-93 白木沢 旭児. (60) 白木沢旭児『大恐慌期日本の通商問題』お茶の水書房, 一九九九年. 白木沢 旭児 日本歴史年08月 査読無し通常論文 座長解題(年度. 本書は、1987年から1998年までの十二年間に発表してきた通商問題・統制経済に関する論文を集めたものである。 内容(「MARC」データベースより) 経済外交、通商政策、統制経済、産業統制などの分析を通じて、大恐慌期における通商問題の発生が統制経済. トップに戻る.

5 科学研究費補助金(基盤研究c)研究成果報告書 平成16年度〜平成18年度. 日中両国から見た「満洲開拓」 : 体験・記憶・証言 フォーマット: 図書 責任表示: 寺林伸明, 劉含発, 白木沢旭児編. 1930年代前半期における輸出向け電球工業と統制問題 平沢 照雄 日本史研究 401号/(401)/pp. 当サイトについて プライバシーポリシー お問い合わせ.

研究代表者 白木沢旭児 北海道大学大学院文学研究科. 白木沢 旭児シラキザワ アサヒコ 白木沢 旭児 北海道大学大学院文学研究科教授 〈主な研究業績〉 『大恐慌期日本の通商問題』御茶の水書房,1999年 『日中両国から見た「満洲開拓」─体験・記憶・証言─』御茶の水書房,年(寺林伸明・劉含発と共編). 本 の優れたセレクションでオンラインショッピング。.

大恐慌期日本の通商問題 207 ・. 本書は、1987年から1998年までの十二年間に発表してきた通商問題・統制経済に関する論文を集めたものである。 大恐慌期日本の通商問題 / 白木沢 旭児【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア. 五十嵐書店 〒東京都新宿区 西早稲田3丁目20-1 Stonewallbldg1F,BF1 TEL:FAX:. 〔書評〕 白木沢旭児著『大恐慌期日本の通商問題』 西川 博史 歴史評論 (598), 91-95,100, -02. ダイキョウコウキ ニホン ノ ツウショウ モンダイ. 白木沢 旭児 北海道大学大学院文学研究科教授 〈主な研究業績〉 『大恐慌期日本の通商問題』御茶の水書房,1999年 『日中両国から見た「満洲開拓」─体験・記憶・証言─』御茶の水書房,年(寺林伸明・劉含発と共編). (65) 藤山自身,.

五十嵐書店 〒東京都新宿区 西早稲田3丁目20-1 Stonewallbldg1F,BF1 TEL:FAX: 大恐慌期日本の通商問題 - 白木沢旭児 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. (1) 「大日本維新史料稿本」の天皇・朝廷関係の記事の調査を行い、新たな政治史・文化史・社会史関係の記事をファイルし、詳細に史料を点検した結果、天皇・朝廷の政治史とのかかわり方の実態、また天皇と貴族、朝廷と大名の関係について新たな事実を解明することができた。(2) 『奈良県. 白木沢 旭児. 大恐慌期日本の通商問題 白木沢 旭児 (著) 1999. 序章 課題と視角/p3 ・ 一 統制経済概念について/p3 ・ 二 大恐慌と通商問題/p7. 白木沢旭児『大恐慌期. 書評 白木沢旭児著『大恐慌期日本の通商問題』 = SHIRAKIZAWA Asahiko, Daikyōkō-ki Nihon no Tsūshō-mondai(Commercial Issues in Japan during the Era of the Great Depression), Tokyo, 1999. 白木漂 旭 児 博 士 (経済学) 論経博第 254号 平成12年7月24日 学位規則第4条第 2項該当 大恐慌期日本の通商問題 (主 査) 論文調査委員 教授堀 和生 教授下谷政弘 教授今久保幸生 論 文 内 容 の 要 旨.

『大恐慌期日本の通商問題』. 白木沢 旭児 | 年04月17日頃発売 | 19世紀から20世紀半ばの北東アジアはロシア(ソ連)、清(中国)、日本という3つの帝国が勢力圏を交錯させていた世界でもまれな地域であった。本書は諸帝国のプレゼンスが重なり合う植民地の地域社会に焦点をあて、支配される側の問題を重視しつつ地域. 本書は、1987年から1998年までの十二年間に発表してきた通商問題・統制経済に関する論文を集めたものである。 内容(「MARC」データベースより) 経済外交、通商政策、統制経済、産業統制などの分析を通じて、大恐慌期における通商問題の発生が統制経済.

白木沢旭児, 『大恐慌期日本の通商問題』, お茶の水書房, 1999年 寺岡 寛 中京経営研究 9(2), 263-270, -02. 『新修大阪市史 第7巻』大阪市. 総裁政府期及び執政政府期における徴兵不服従--セーヌ=アンフェリウール県の事例 / 西願広望 / p74~90 (0041. 著者 白木沢旭児 著 ; 出版社 御茶の水書房; 刊行年 1999; ページ数 391, 3p; サイズ 22cm; 冊数 1冊; ISBN. Online ISSN :Print ISSN :ISSN-L :. 本貴典編『戦前期日本の貿易と組織間関係』新評論,1996 年所収),人絹織物業に関し ては白木沢前掲『大恐慌期日本の通商問題』第 10 章,さらに輸出メリヤス業では大森 一宏「大都市中小工業の組織化」(中村隆英・藤井信幸編『都市化と在来産業』日本経. 御茶の水書房, 1999. jp2) 書評/白木沢旭児著『大恐慌期日本の通商問題』 / 西川博史 / p91~95 (0049.

『大恐慌期日本の通商問題』白木沢旭児著(御茶の水書房) 『新札幌市史 第5巻 通史5(上)』一部分担執筆、 「日中戦争期の東亜経済懇談会」『北海道大学文学研究科紀要』第120号. 大恐慌期日本の通商問題 - 白木沢旭児 大恐慌期日本の通商問題 白木沢旭児 年3月16日. 白木沢 旭児.

白木沢 旭児(シラキザワ アサヒコ) 北海道大学大学院文学研究科教授 【主な研究業績】 『大恐慌期日本の通商問題』御茶の水書房,1999年 『日中両国から見た「満洲開拓」─体験・記憶・証言─』御茶の水書房,年(寺林伸明・劉含発と共編). 白木沢 旭児『大恐慌期日本の通商問題』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 白木沢 旭児 | 年11月24日頃発売 | 盧溝橋事件に始まり、8年に及んだ日中戦争の目的はいかなるものだったのか。貿易立国路線から生産重視への転換過程に着目。さらに、華北の工業・農業政策の検討から中国占領地における経済開発〈長期建設・経済建設〉の実態を明らかにし、戦争の長期.

大恐慌期日本の通商問題 - 白木沢旭児

email: ysehimu@gmail.com - phone:(448) 920-4345 x 9934

現代イスラムの潮流と原理主義の行方 - 宮田律 - くまちゃん おはよう

-> 関ケ原前夜 - 光成準治
-> いたずらハネムーン - キャロリン・ゼイン

大恐慌期日本の通商問題 - 白木沢旭児 - キスキスキス 高田タミ いちごの


Sitemap 1

彩雲国物語で漢文が面白いほど身につく本 - 佐藤賢 -